DIME(ダイム)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

小学館
「DIME」編集長 水野麻紀子さん

みずのまきこ 福岡県生まれ。東京外語大のインド・パキスタン語学部ヒンディー語科卒。
86年小学館に入社、「ビッグコミック」、「BE-PAL」、
「ポタ」、「テレパル エフ」を経て07年「DIME」編集長に就任。

編集長写真

第41回 DIME 編集長 水野麻紀子さん

ライフスタイルの中でモノの楽しみ方や最新トレンドを紹介

―ヤフーの「Xブランド」に参加されていますが、評判はいかがですか。

タイムリーなテーマでは増刊も
タイムリーなテーマでは増刊も
使える付録も充実
使える付録も充実

お陰さまでいい評価をいただいています。ページビューでいうと「an・an」や「美的」とトップを競っている感じですね。クライアントにも評判がよくて、広告はいまやwebとセットが基本になっていますから、その意味でもありがたいことだと思っています。
「Xブランド」は本誌とはまた読者が違っていて、女の子ものに人気が集まったりしているようですね。本誌で各号連載している「巷的流行美女図鑑」などは常に上位にいます。それと意外にクルマの記事が好評です。本誌ではそれほどでもないんですけど。トレンド系の読み物のニーズが高いこともわかります。テレビ局が注目してくれて、取材が来たりもするんです。

―紙とwebとの読者の棲み分けがうまくいっているようですね。

そう思います。本誌は20~40歳代の「ビジネスパーソンのためのトレンド情報誌」とうたっていますが、現状は40歳くらいの読者がメインになってきています。若い読者はやはりwebのほうに集まりがちですね。

―紙は年齢を高めにして若い人をwebや携帯に誘導するというのは、広告戦略としても重要ですね。

そうなんです。若い読者を積極的に掘り起こしたいとは思っているのですが、紙の雑誌のほうはやはりじっくりと記事を読む人に支持されるので、自然に年齢が高くなります。広告のクライアントさんはそこに注目されているようですね。
「DIME」の人気企画のひとつに“家”の特集があって、理想のエコ住宅や、生活を便利にする最新家電などをとりあげています。こういう企画はやはり家を持つ世代の読者向けなので、あまり読者年齢を下げる企画ばかりはできないんですね。ただ、トレンドはやはり若い人たちが引っ張っていくものです。ですから、そこはwebでキャッチしていこうと、いま「DIGITAL DIME」(http://www.digital-dime.com/)というサイトを運営しています。

―競合というとどういう雑誌になるのでしょうか。

「Get Navi」(学研マーケティング)、「日経トレンディ」(日経BP)、「モノマガジン」(ワールドフォトプレス)あたりが競合誌と思われているようですが、うちはモノ雑誌ではなく、トレンドを扱っているので、厳密にいうと競合誌ではないんじゃないかな。
iPhoneなどをとりあげるのも、モノそのものではなく、生活やビジネスのなかでトレンドとしてのモノの使い方を読者と一緒に考えていくというスタンスなんです。ですからライフスタイル誌といったほうが、雑誌のコンセプトに近いかもしれません。
創刊当時はいろいろなトレンドを網羅して紹介するという感じでしたが、いまは特集を組んでさまざまな角度からトレンドを検証するという内容にしています。

―水野さんは、もともとこういった雑誌をやりたかったのですか。

いえ、私は「an・an」を読んで育った世代ですのでファッション誌のエディターにあこがれてたんです。でも入社したらいきなり「ビッグコミック」編集部(笑)。漫画の編集がスタートでした。それから「Be-Pal」(笑)。スポーツは好きでフィールドに出るのも好きでしたので、ソーラーカーのレースに参加したり、いろいろ楽しいお仕事をさせていただきました。それからテレビ誌経由で「DIME」です。
でも漫画編集者の経験も役に立っていて、この9月からはコーヒーをめぐる恋愛モノのコミックがスタートします。原作があの「神の雫」の原作者で、タイトルは神の雫ならぬ「琥珀の雫」(笑)。マクドナルドさんの協賛です

―そういえばいろんな企業とコラボされています。

ユニクロとのコラボで好評だったバッグ
ユニクロとのコラボで好評だったバッグ
大好評だった男子スイーツ部とのコラボ企画
大好評だった男子スイーツ部とのコラボ企画

はい。雑誌の販売や広告だけだと限界がありますので、企業とコラボして商品開発などを積極的に推進しています。ユニクロさんとバック作ったり、吉本興業の家電芸人さんと共同企画でフリーペーパーを作ったり・・・。ユニクロさんとのバックは10万個作って完売。先方が自社のチラシなどで宣伝してくださり、雑誌のPRにもすごい効果がありました。秋にバージョンアップしてもう一度販売する予定です。
森永乳業さんとはプリンつくったりもしました。これもすごく売れたんですよ。ニフティさんと共同企画で作った「男子スイーツ部」のメンバーで商品開発したんです。その延長企画としてニフィティ内にお酒のコミュニティも立ち上げました。「酒コミュ」(https://eq.nifty.com/webeq/pub/swcd_00/sake)といいます。いま参加者募集中ですのでよろしかったらぜひ!(笑)。

―どんな流れで仕事をされているのですか。

いま編集部には私を入れて10人スタッフがいるのですが、基本的には編集部員が副編集長と編集長代理にプランをあげるところから始まります。それを私も入って一緒に決めていく。季節モノの決め撃ちネタ以外はだいたいこんな感じで企画~取材が始まります。
記事はライターさんが書くのが中心です。私は進行状況をみながら、結構細かいチェックなどもします。
それ以外に広告タイアップなどがかなりはいってきますので、みんなで営業もバンバンしますよ(笑)。

―女性編集長であることのメリット、デメリットはなんですか。

編集者が取材中のため静かな編集部
編集者が取材中のため静かな編集部

そうですねぇ、私はいわゆる女性目線のトレンドは得意ですね。テレビもよく見てますし。ですからいま誰がキテルとか、次はこの人がクル、とかはなんとなくわかります。「DIME」では人をなるべく出すようにしてるんです。
モノを上手に使うことによって、生活が楽しく豊かになるっていう見せ方なんです。そういう意味でライフスタイル誌なんですが、そんなトレンドは男性とは多少違った感性が出ているかもしれませんね。
デメリットは、私もそうですが、全般に女性は機械モノにはうといですよね。だから私にわからないことは書かないで(笑)と。それが分かり易いといわれる誌面の理由です。それと、男心が分からない(笑)。

―なるほど(笑)。トレンド大賞を毎年開催されていますが、今年はどんな感じですか。去年はデフレ・トレンドで990円ジーンズとかでしたよね。

11月開催ですのでまだわかりません。今年はこれまでとは違った趣向にと思っているところなんですが、まだ内容は未定です。
9月にネットで読者投票やりますので、いましばしお待ちください。

―これからますますデジタル対応が迫られてくるのでしょうが、「DIGITAL

実際この7月から独立した部署になっていますが、「DIME」から副編集長が専任で行って、広告部スタッフやネット戦略室のメンバーといっしょに新たな展開を考えている状態です。これからオリジナル企画を作ったり、広告と連携した企画なども増えていくでしょうから、忙しくなると思います。
中味はモノの紹介よりトレンドをアピールする内容になっていくと思います。「DIGITAL DIME」を見るといまのトレンドがひと目で分かる、といったようにしていかねばと思っています。

―編集長がパワフルなら大丈夫でしょう(笑)。

私は犬と一緒に遊んだり旅をしたりすることが大好きで、ゴルフもするのですが、そんなゆったりした生活の時間をもう少し増やしたい。そういう暮らしが仕事へのエネルギーをチャージしてくれて、新しい企画の糧になったりすると思うんです。
編集長になってから会食の機会もすごく増えて太るし(笑)。家にいるときくらいは犬と運動して、さらにプチ断食もしようかな、なんて思ってます(笑)。

編集長の愛読誌

(2010年7月)

取材後記
モノが溢れてるイメージのある「DIME」で、なんでおシャレな「山ガール」が特集されているんだろう、と思っていたら水野さんはもと「Be-Pal」編集部の出身の方でした。
アウトドア好きのスポーティな女性が40代男性読者に送るメッセージとしては、けっこう分かりやすくっていいなと思います。
モノや情報が多い雑誌はとかくテイストが内向きになりがちですが、そこにおおきな開放感のある窓をしつらえた編集部が「DIME」なのかもしれません。
男子スイーツ部の存在なども、正直、今回初めて編集長から話を伺ってその活動を知りました。面白いし、こんなところに新商品やサービスのヒントがたくさん眠ってそうです。このトレンドをうまくキャッチして形にしていくことこそ、トレンド・プロデューサとしての編集長の仕事なんでしょう。
のんびりされたい気持ちもわかりますが、まだまだ出来そうもないですね。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

DIME(ダイム)の商品詳細

  • 出版社名:小学館
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月16日
ビジネスマンの心技体を整えるトレンドマガジン
心(自己啓発、社内コミュニケーション・・・)、技(ガジェットや手帳、マネー情報・・・)、体(カラダマネジメント)、電気機器のトレンドに関する特集やクレジットカード、出張の裏技などビジネスパーソンの最新オン・オフ情報を厳選するライフスタイルマガジン。近年では実用的付録が付く事も多々あり。

+   DIME(ダイム)の目次配信サービス

DIME(ダイム)の今すぐ読める無料記事

DIME(ダイム)を買った人はこんな雑誌も買っています!

メンズファッション 雑誌の売上ランキング

DIME(ダイム)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌