※最新号の表紙とは限りません

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)

産経新聞社
完売となった2009年5月号、2010年2月号、4月号、8月号、12月号、2011年6月号、8月号、12月号がデジタル版で 復活!
クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
クラッシック音楽の楽しさを、より立体的に、より多角的に伝える新しいスタイルのナビゲーション・マガジンです。MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は過去の巨匠達の偉業だけでなく、小澤征爾氏やアルド・チッコリーニ氏など、世界的アーティストの最新情報ををお届け。ソリスト達の生の意見が聞ける楽器や作曲者の特集も濃密な内容。クラシックに対する知識と聞く楽しみを教えてくれる初心者にもやさしい専門誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の
定期購読 雑誌

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)のレビューを投稿する
  • 紙版
  • 9,300円(税込)
    25%
    OFF
    1冊あたり775円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 25,000円(税込)
    33%
    OFF
    1冊あたり694円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 毎号価格
    25%
    OFF
    最新号は772円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の商品詳細

  • 出版社名:産経新聞社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 1冊定価:1,030円
クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
クラッシック音楽の楽しさを、より立体的に、より多角的に伝える新しいスタイルのナビゲーション・マガジンです。MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は過去の巨匠達の偉業だけでなく、小澤征爾氏やアルド・チッコリーニ氏など、世界的アーティストの最新情報ををお届け。ソリスト達の生の意見が聞ける楽器や作曲者の特集も濃密な内容。クラシックに対する知識と聞く楽しみを教えてくれる初心者にもやさしい専門誌です。
完売のため今や入手出来ないバックナンバーがデジタル版として復活!!
  • 2011年12月号をお求めの方はコチラから
  • 2009年5月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年2月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年8月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年4月号をお求めの方はコチラから
  • 2010年12月号をお求めの方はコチラから
  • 2011年8月号をお求めの方はコチラから
  • 2011年6月号をお求めの方はコチラから
皆様からの多数のご要望にお応えして実現しました!パソコン、スマートフォン、タブレットで閲覧することができます。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック) 266 (2019年05月20日発売) の目次

表紙 第15回チャイコフスキー国際コンクール、アシュケナージ、諏訪内晶子、トリフォノフ、クレーメル

特集 世界の音楽コンクール

 国際音楽コンクール世界連盟に加盟しているコンクールだけでも世界に122もある。日本も世界もコンクールだらけだ。あまり知られていないコンクール1つに入賞したぐらいでは注目されず、演奏家としてやっていくことはまず無理だ。それゆえ若き音楽家は次々とコンクールを目指す。
 6月17日に開幕するのはチャイコフスキー国際コンクール。第1回コンクールは1958年に行われた。実行委員長はショスタコーヴィチ、ピアノ部門の審査委員長はエミール・ギレリス。ヴァイオリン部門の審査委員長はダヴィド・オイストラフ。ソ連の威信を見せつけるはずだったが、ピアノ部門の優勝者はアメリカのヴァン・クライバーン。クライバーンの先生ロジーナ・レヴィンはロシア出身。ロシア・ピアニズムをたたき込まれたクライバーンを、審査員も聴衆も支持したのだ。逆にこのことがチャイコフスキー・コンクールを世界に知らしめたのかもしれない。
 チャイコフスキー・コンクールは日本人と相性がいい。第1回コンクールでピアノの松浦豊明が7位に入ったのを皮切りに、小山実稚恵が第7回(1982年)で3位、2002年の第12回で上原彩子が優勝を勝ち取る。ヴァイオリン部門のほうが入賞者は多い。第2回(1962年)で久保陽子が3位で初めて入賞、以後、潮田益子、佐藤陽子、藤川真弓らが入り、第9回(1990年)で諏訪内晶子が優勝を果たす。さらに第13回(2007年)にも神尾真由子が優勝した。
 ピアノコンクールの最高峰と言われるのはショパン国際ピアノコンクール。ショパンの祖国ポーランドの首都ワルシャワで5年に1度開催される。第1回コンクールは1927年、ソ連のレフ・オボーリンが優勝した。実はこの第1回にショスタコーヴィチも参加していた。コンクール直前に急性虫垂炎にかかるアクシデントに見舞われ、入賞はならなかった。
 ショパン・コンクールは後世に残るピアニストを輩出してきた。アシュケナージ、ポリーニ、アルゲリッチは現役で活躍、ツィメルマン、ブレハッチらと続き、直近の第17回(2015年)では韓国のチョ・ソンジンが優勝を飾った。チョは2009年の第7回浜松国際ピアノコンクールでも優勝している。
 ショパン・コンクールでは日本人優勝者は出ていない。第8回(1970年)の内田光子の2位が最高位で、第11回(1985年)4位の小山実稚恵、第12回(1990年)3位の横山幸雄らがいる。小山はショパンとチャイコフスキー両コンクールで入賞した唯一の日本人。
 ほとんどの演奏家がコンクールを足がかりに世に出る一方、コンクールをほとんど経験しない飛び抜けた才能を持つ音楽家も一部にいる。たとえばデビュー盤のバッハ「ゴルトベルク変奏曲」が大ヒットしたカナダのグールド。地元の小さいコンクール歴はあるが、キャリアが飛躍したのは「ゴルトベルク」からだ。もう一人、ピアニストではソ連出身のキーシン。11歳でリサイタル・デビュー、12歳で協奏曲デビューするなど、圧倒的な才能はコンクールを受ける必要がなかった。ヴァイオリニストのムターも神童で早熟だった。13歳でルツェルン音楽祭に出演し、カラヤンに認められ、ベルリン・フィルのソリストに起用された。カラヤンはヴァイオリン協奏曲の録音に必ずムターを使った。このように巨匠が若い音楽家を育てたケースもある。
 このほか、難関とされるミュンヘン国際音楽コンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクール、小澤征爾、佐渡裕、沼尻竜典らを輩出したブザンソン国際青年指揮者コンクール、声楽部門が加わったロン=ティボー=クレスパン国際音楽コンクールなどさまざまなコンクールを取り上げている。
 他に、◎コンクールは何のために◎ソ連時代に行われた全ソ音楽コンクール◎ピアノメーカーの戦いでもあるコンクール◎ブーニン・ブームとは何だったのか◎日本のさまざまなコンクール、などです。

◎宮本文昭の気軽に話そう ゲスト クラリネット 四戸世紀
 読売日本交響楽団の首席奏者を務め、現在は東京音楽大学教授の四戸世紀。海外に出たきっかけが驚きだ。「ベルリン・フィルのカール・ライスターが来日したとき、どうしてもレッスンをしてほしかったので、パーティーで恐る恐るお願いしたんです」と話す。そして、モーツァルトを10分くらい吹いただけで、弟子にするからベルリンに来ないか、と誘われた。「人生が変わっちゃいましたね。しかも奨学金がもらえて、ベルリン・フィルのリハーサルも自由に聴けるわけですから行かないわけがない」といきさつを話している。

◎ステージ 河村尚子 ピアノ
 ドイツと日本を拠点に活躍を続ける河村尚子。このほどソニーからベートーヴェンのピアノ・ソナタ集のCDをリリースした。ピアノ・ソナタ第4番、第7番、第8番「悲愴」、第14番「月光」が収められている。今秋にはピアノ・ソナタ第23番「熱情」などを入れた第2彈をリリースする予定になっている。また、今秋公開予定の映画「蜜蜂と遠雷」では、主人公、栄伝亜夜のピアノ演奏を担当している。映画で一般の方々に芸術に関心をもってもらう良い機会、と喜ぶが、「娘をピアニストにさせたい、という楽観的な希望を持ってもらいたくないのです。ものすごくハードな職業だからです」と話した。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

+   MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.35
全てのレビュー:43件

レビュー投稿で500円割引!
クラシック音楽の中級者に最適な読み物。
★★★★☆2019年03月15日 おはらし。 会社員
他の音楽雑誌にはないクラシック音楽の奥深い内容が載ってます。
初心者の方にもおすすめです
★★★★★2019年01月19日 ターチャイナ 会社員
一つのタイトルが2ページから数ページで完結し、気楽に読めます。上質な薄い紙なので160ページぐらいありますが、軽くできています。
音楽大好きだから
★★★★★2019年01月15日 ちさらら 主婦
音楽大好きだから、ピアノを心から愛しているから、モーストリークラシックは、その月々のタイトルについつい手に取ってしまう。 大作曲家や、曲を取り上げて深く掘り下げていく内容には、驚かされる。たまにしか購入していなかったが、この度はついに年間購読しようかと思っている。これからにも期待大だ。
長年の素人にうってつけ
★★★★★2018年11月29日 黄昏天使 会社員
クラシックの理論や歴史をきちんと勉強したわけではないが、何となく好きでコンサートにも行き、その範囲での知識は多少ある、といった私のような人間にはぴったりの雑誌だ。とにかく特集記事の分量や範囲が半端ではない。小さな字でびっしり書かれているが、本人の肖像から縁の地の風景まで美しいカラー図版がふんだんに使われているから退屈しない。しかも、それぞれの項目は独立しているから、全部読み終えないうちに次号が来ても挫折感を味わう必要はない。
便利なクラッシック音楽雑誌
★★★★★2018年11月27日 Seiko2 役員
特集の内容も面白いが、数あるコンサートの批評がなかなか面白い。
クラシックの雑誌の中で一番好きです
★★★★★2018年09月26日 bwv 会社員
見開き2ページごとに専門分野を生かした執筆陣による記事が満載で、図版やCD情報もフルカラーで楽しむことができます。レイアウトやデザインも洗練されており、ツヤのある紙質のページをめくる感触も心地よいです。特集は素人から玄人まで幅広い層がそれぞれの読み方で大いに参考になる内容で、本当によくできた雑誌だと感心してしまいます。これからも末永く刊行されていくことを願っています。
読みやすい情報誌
★★★★★2018年09月10日 まーくん 教職員
以前は敷居が装幀と内容でしたが、今はとてもわかりやすく、価格も手頃。しかしながら特集の専門性は流石の内容。厚さもちょうどよい。
クラッシック音楽の入門者にも楽しさを伝える媒体
★★★★☆2018年08月13日 龍平 無職
フリーペーパー発刊時代から購読を始め、20年前後の付き合いになります。クラッシック音楽の入門者にも気軽に読める編集になっていますのでお勧めです。ただ、中・上級者にとっては、ビジュアル化に走りすぎている感もでてきており、やや物足りなさも。
クラシック雑誌で唯一購読しています
★★★★★2018年06月26日 バハリオン 会社員
クラシック雑誌のなかで唯一購読しています。特集は専門家の方々による見開きあるいは片面の記事が数多く集まっているので、多角的にアプローチされています。写真や図版も非常に豊富で、紙面のデザインも細部に至るまで飽きさせない工夫が凝らされています。毎号保存版です。
クラシックの数少ない雑誌。
★★★★★2018年05月11日 おはらし。 会社員
クラシック音楽愛好家とはいったい何%ぐらいの人なんだろうか。10%はいってないかな。初心者にもわかりやすく、上級者にも唸らせるような記事。まさしく、モーストリークラシックはそんな雑誌だと思う。世の中にありそうでなかなかないような雑誌。ぼくが長年求めていた内容のある雑誌。毎月、発行日の20日が来るのが楽しみになってます。
レビューをさらに表示

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は、クラシック音楽を専門に扱う月刊誌です。毎号取り上げるテーマの基礎知識や、専門家による上質な記事などが掲載されていて、クラシック初心者にも分かりやすい、優しい内容の雑誌となっています。また、様々な角度から描かれるクラシック音楽の魅力や分析、解説などの記事は、クラシックに造詣の深い人にも楽しめます。作曲家の肖像画や、楽曲に関連する写真などカラー面も充実、聴くだけに留まらず、ビジュアルや文章からもクラシック音楽の良さが伝わってきます。

さらに、コンサートの紹介や感想、批評など、一つの分野にも深く掘り下げた記事を掲載、連載やコラムなどもバラエティーに富んでいて読みごたえがあります。作曲家の歴史的背景や生涯を、史実と共に描く手法など、読み手が理解しやすい手法で綴られる文章は、いつ読み返しても飽きが来ない程です。また、過去の人物や楽曲だけではなく、最新のクラシック音楽界の情報まで提供、対談やインタビュー、CD&DVDの新譜紹介など、記事のジャンルも多岐に渡ります。クラシックを好む全ての人が、よりクラシック音楽を楽しめ、極められる重厚な内容は、知識を深めると共にクラシックに対する好奇心も駆り立てます。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌